おすすめ韓国ドラマ「ミセン(未生)」あらすじ感想レビュー*ネタバレなし

おすすめ韓国ドラマ「ミセン(未生)」あらすじ感想レビュー*ネタバレなし

どもども♡

だいぶと今更ながら大ヒット韓国ドラマ「ミセン(未生)」見終わりました!!

 

View this post on Instagram

 

SAKIさん(@tkzlsh3125)がシェアした投稿

実はハマりすぎて、止められず、今日朝5時くらいまでずーーーーっと見てました。

結果もう最高すぎて言葉にならないくらい最高でした。

実はこの「ミセン(未生)」は、「空から降る一億の星」が終わった頃ぐらいに一度3話くらいまで見てたんですけど、ちょっとロスが激しすぎてなかなか入っていけなかったんです。

でも今そんな自分を心から殴りたいです。笑

このドラマ見ずして韓国ドラマは語れないレベルのちょっと別格の作品でした。

ではではおすすめ韓国ドラマ「ミセン(未生)」あらすじ感想レビューいきます!!

ネタバレはなるべくなしでいきまっす♡

ツイッターで記事更新お知らせしてます♡ → drama mania♡

「ミセン」を一気見!!31日間無料!!

 

おすすめ韓国ドラマ「ミセン(未生)」あらすじ

 

View this post on Instagram

 

@hdystkmy43がシェアした投稿

“たかが人生、されど人生”頑張って生きている全ての人を癒す、感動のヒューマンドラマ!

幼い頃から棋士を目指していたチャン・グレ(イム・シワン)は、父の他界を機にその道をあきらめ、大学にも行けず、26歳になってもバイトにあけくれていた。しかし母の伝手で、大手総合商社にインターンとして入社。満足に会社員経験も学歴もないグレはコピーの取り方すらわからず、遅れをとっていたが、同期とチームを組んでのプレゼン発表で合格点を獲得。なんとか2年間の契約社員として入社し、営業3課に配属される。やがて囲碁で培った洞察力を生かして仕事でも微力ながらも課の役に立つようになり、次第に配属先の営業3課のオ課長(イ・ソンミン)やキム代理(キム・デミョン)に認められ、課にはチームワークが生まれつつあった。一方、グレの同期入社の紅一点、アン・ヨンイ(カン・ソラ)はインターンながらも大きな契約を取り付ける優秀な人材だったが、入社後配属された資源課では、男性上司から疎まれ、なかなかまともな仕事を与えられずにいた。

出典:公式サイト

Advertisement

「ミセン(未生)」とは囲碁の用語でまだ生き石にも死に石にもなっていない不確かな存在の弱い石とゆう意味。

チャングレを中心とした可能性が未知数なまだ何者でもない新入社員たちがそれぞれのやり方で会社の中で自分の居場所を見つけていくとゆうお話。

この「ミセン(未生)」は挫折を繰り返しながら社会の中で成長していく物語ですが、そんな綺麗事で片付けられるようなお話じゃありません。

学歴社会、パワハラ、社内不正、出世競争、女性蔑視など世間の厳しさ、社会の厳しさ、会社員のリアルが詰まった作品なんですよね。

道というのは歩くのではなく、前に進むためにある。

前へ進めない道は道ではない。

道は皆に開かれているが、皆が持てるわけではない。

囲碁の世界で夢を諦め、学歴も社会的なスキルも何も持っていないチャングレ。

 

View this post on Instagram

 

옹달샘さん(@blue_ocean1201)がシェアした投稿

そんな閉ざされた、道に行き詰まってしまった人間はどうしたらいいのか。どう生きていったらいいのか。

一生懸命頑張るだけでは報われないそんな社会でどのようにして戦っていったらいいのか。

そんな事をチャングレをはじめとした新入社員、また会社の上司たちに教えられるような作品。

働いている人も、そうでない人も、必ず何か心に突き刺さるものがあるドラマだと思います。

財閥も恋愛も記憶喪失もなし。そこにはただ会社員のリアルがあるだけ。

まるでオフィスの中に自分がいるような感覚。

これほんと他のドラマでは到底味わえないような疑似体験的なものがこのドラマにはあります。

もうね、ほんま上手く言葉で表現できないのが悔しいわってほどのいい作品です。

では「ミセン(未生)」感想レビューいきます♡

 

Advertisement

おすすめ韓国ドラマ「ミセン(未生)」感想レビュー*ネタバレなし

 

View this post on Instagram

 

yucchiさん(@yuchi311)がシェアした投稿

もうね〜最高やて。誰やこんなドラマ作ったん。天才やろて。

ようこんなドラマ3話で止めてたな、私。

まずね、キャストよ。キャストが最強すぎる。派手さはなくとも、全員が素晴らしすぎた。

まずチャングレを演じた主演のイムシワン君。

 

View this post on Instagram

 

くんちゃんU^ェ^Uさん(@kunchan0209)がシェアした投稿

ZE:Aの一員だそうですが、歌手出身の韓国俳優は天才しかおらんのん?

この方正直めっちゃくちゃ演技の天才やと思います。

とゆうかチャングレはもはやこの人にしかできひん役やったんちゃうかなって思うくらい。

序盤はほとんど「すいません」「お疲れ様です」「ありがとうございます」くらいしか発してませんが、ピュアで低姿勢で誠実なチャングレの人柄をここまで表現できるのはほんとすごい。

言葉を発さずともかわいそうな情のわくチャングレのキャラクターはこのドラマがここまで人の心を打つ作品にした大きな要因だと思います。

そしてまあもうこのドラマの最強人物。オ課長。

 

View this post on Instagram

 

くんちゃんU^ェ^Uさん(@kunchan0209)がシェアした投稿

もうこの方、名言製造機。

こんなにドラマで名言残した登場人物って金八先生以来ちゃいますかね。笑

こんな上司に出会えたら、多分一生ついて行きます!ってくらいの素晴らしい人間性。

上手く社会の駒となりながらも、自分のやり方を貫き、部下を守り続ける。

オ課長を見てると、人生で負けるとゆう事がどれだけ大切なことか気付かされます。

Advertisement

ちょっとネタバレなりますが、最後のシーンでオ課長とチャングレの出会いのシーンに戻りますが、チャングレは父を亡くし、囲碁を諦め途方に暮れている状況でしたが、結局オ課長も部下を失くして傷つき、心を閉ざしていたタイミングでチャングレに出会ってるんですよね。

お互いがお互いを癒し、学び、閉ざされた道を開いていった。2人の出会いは、本当に運命的な出会いだったってことですよね。

てかもう営業3課が最高すぎ。

 

View this post on Instagram

 

くんちゃんU^ェ^Uさん(@kunchan0209)がシェアした投稿

もう後半この営業3課が好きすぎて見終わるのほんま嫌でした。

みんな必死で働いてる。時にはやりたくない仕事も、接待も、腰を折って頭を下げて、必死で働いてる。

時には失敗して、時には負ける。それでもチームで手を取り合って勝負し続ける。

私は主婦なんで、長らく社会に出て働いてないですが、このドラマは私のような主婦の方にも心に響くものがあると思うんですよね。

仕事ばかりの旦那様を持つ主婦の方にも、ほんと旦那さんを理解するきっかけになってくれるんじゃないかなあと。

クタクタになりながらも厳しい社会で闘う男たちの姿は、ほんとかっこいいし激アツイ。

そして新入社員の仲間の中で好きだったベッキ氏!

 

View this post on Instagram

 

rinさん(@rin_rin55)がシェアした投稿

高学歴で、高スペックなのに、なぜか比べ物にならないほど低スペックで努力だけで勝負するチャングレを羨むんですよね。

この人が後半発した、「今日ほど高学歴を恥ずかしいと思ったことはない」ってセリフは胸を打ちましたね。

幼稚で少し傲慢だったベッキが、チャングレや上司の影響で成長していく。

ベッキはベッキのやり方で、自分の居場所を見つけていくんですよね。

そしてこのベッキの上司を演じたオミンソクさん、私個人的にめっちゃ好きでした。

 

View this post on Instagram

 

えんちゃんさん(@lovely_winona)がシェアした投稿

めちゃくちゃクールで、冷たいけど、この人はこの人なりの仕事の教え方がある。

ベッキも最初は気づかないですが、この言葉は少なくても自ら考えさせるスタイルめっちゃ好きでした。

チャングレを羨み、自分の仕事に疑心暗鬼になっていたベッキに、

「他の人が派手に見えるのは気にするな。派手じゃなくても必要なことをすることが大切。」

とゆうこの人の言葉めっちゃ響きました。

社会ってこうゆう人々の目に見えない努力で成り立ってるんですよね。

この人の「また明日」もすごい好きでした。

結果、ベッキにはすごくいい上司やったんじゃないかなあと思います。男前やしね。←それやろ。

他のキャストももう書き出したら止まらないレベルの完成度なんでこの辺で割愛しますが、ほんとそれぞれがそれぞれのプライドとポリシーと情熱を持って、社会で闘ってる。

 

View this post on Instagram

 

Yukikoさん(@y.lovelygirl)がシェアした投稿

ミセンは名言が続出しますが、言葉のないシーン、セリフのないシーンでもぐっとくるシーンが多くて、言葉で説明しすぎない心理描写が素晴らしい。

登場人物は本当に多いですが、それぞれの人にそれぞれの人生がある。ってことを考えさせられる感がほんと強い。

チャングレは何も持たず、丸腰で社会の波に呑まれていきます。

コピーの取り方もわからず、俯いてばかりだったチャングレが、努力とゆう武器で闘っていく。

その中で、仲間とゆう最強の武器を身につけ、つまずきながらも、怒られながらも、居場所のなかった会社を「わが社」と呼べるまでに成長していく。

 

View this post on Instagram

 

しゅんさん(@gure000017)がシェアした投稿

何も持たず、足りないものしかない、道が閉ざされた人はどうしたらいいのか。

結局は、自分一人が何をしても、どんなに一生懸命やっても会社は変わらない。

でもオ課長の名言で、「とにかく踏ん張れ。踏ん張ったものが勝つ」とありましたが、一人一人がそれぞれの場所で踏ん張って、耐えて道無き道を自分の力で切り開いていくしかない。

人生は厳しい。社会は厳しい。上手くいかないことばかりかもしれない。

けど誰か一人が意識を変えて、それが集合体となって、踏ん張り続けた先には、人間はすごい力を発揮する。

それは会社を変えるかもしれないし、社会を変えるかもしれない。

そんな人間の未知数な可能性を感じる、絶望の中に希望を見出せるようなそんなドラマでした。

何度も何度も見返したい名作ドラマもありますが、この「ミセン(未生)」はいい意味で一度見るだけで充分。

一度見ただけでガツンと心に響く何かがあるドラマです。

新入社員の方や、これから新生活って方にはほんとぴったりのドラマですが、それ以外の方でも必ず何か響くものがあるドラマなので、オフィスもんかあ〜って思ってる方も是非是非見てください!!

本当に心からオススメの名作です。

「ミセン」を一気見!!31日間無料!

まとめ

いやあ久々に時間忘れて見るようなドラマでした〜!!最高でした!!

もう名作すぎてほとんどの方みてらっしゃるかもしれないですが、今更ながらの「ミセン」レビューでございました♡

ハマりすぎてまじ眠いっす。笑! いい感じの疲れっす!

私のレビューって今更思うんですけど、一押しドラマは熱の入りが全然ちゃうってゆうね。笑

まず長さが全然ちゃうってゆう分かりやすすぎる人。笑

ミセンも見終わったのでまた「SKYキャッスル」3話から見ていきたいと思いまっする!!

ではではまた💓

nana💓

【おすすめ韓国ドラマ】感想レビューカテゴリの最新記事