【ソイングク】主演韓国版「空から降る一億の星」11話あらすじ感想*ネタバレ

【ソイングク】主演韓国版「空から降る一億の星」11話あらすじ感想*ネタバレ

どもども♡

ソイングク主演韓国版空から降る一億の星11話の韓国放送が終わりましたー!!

 

View this post on Instagram

 

@silvertrheeさん(@silvertrhee)がシェアした投稿


どうしたものか。。。このドラマ。。。

目が離せなすぎてトイレ行きたいのに立ち上がることもできなかったでやんすよ。。。

なんなんすか。。。破壊力。。。ほんで死ぬほど男前な奴の威力。。。

ニタニタしてたら次の瞬間泣かせてくる威力。。。しんどいわもう。笑

旦那の唐揚げ揚げてたけど余裕でまだ生や。。。ごめんよ旦那。

とりあえずあらすじ書きながら気持ちを落ち着かせます。笑

では【ソイングク】主演韓国版「空から降る一億の星」11話あらすじ感想レビューいきまっす!

ネタバレありますんでご注意くださいね♡

>>ソイングク主演韓国版「空から降る一億の星」韓国での視聴感想・評価まとめはこちら

>>ソイングク主演韓国版「空から降る一億の星」日本でのみんなの視聴感想・評価まとめはこちら♡

>>ソイングク主演ドラマにハズレなし!と言われる5つの理由の記事はこちら♡

>>ソイングクおすすめ主演ドラマや歌はこちら!兵役後の現在は?の記事はこちら♡

 

【ソ・イングク】過去出演韓国ドラマを無料視聴で一気見する♡↓↓

見放題作品 80,000 本を 31 日間無料で視聴が可能!!

今ソイングク出演ドラマ特集中ですよ♡

 

【ソイングク】主演韓国版「空から降る一億の星」11話 あらすじ


出典:NEVER

同僚であるタクソチョンにジングクが過去の殺人の話を打ち明けた後、「どのようにして今まで心に留めてきたの?」と尋ねるタクソチョンに、ジングクは「俺にはジンガンがいたから」と笑います。そしてジングクはジンガンを連れてきて育てたことを話し、「ある日寝てて起きたらあいつが俺の指を握ってた。小さすぎて可哀想な奴が俺の手をぎゅっと握って寝ていたんだ。」と話します。

 

 

View this post on Instagram

 

HEARTRIDER_1023さん(@seo_ingukkie23)がシェアした投稿

その頃ジンガンはムヨンと一夜を過ごしていました。ムヨンは「おじさんが実の兄でないことはどうしてわかったの?」と聞き、「中二の時に出生申告書を見て、私は90年4月に生まれたのに、出生届は94年になってた。夜通し考えて気がついた。」と答えるジンガンに「思春期なのに衝撃だっただろう?」と言います。ジンガンは「私一人何も知らずにすごく疾風怒濤だった。面白いのはそれを知った日が火傷を消す予約をした前日だったの。傷跡をなくそうとしたけど、いざ知ってしまったらなんだか失くしてはいけない気がして。これを消せば永遠に私を見つけられないような気がして。」と打ち明けます。

 

 

View this post on Instagram

 

HEARTRIDER_1023さん(@seo_ingukkie23)がシェアした投稿

その夜ジングクはジンガンが会社ではなくムヨンと一緒だったことを知ります。次の日の朝、ジンガンは「ごめんね、嘘ついて。実は私昨日へサンに行ったの。キムムヨンと。」と打ち明け、ジングクは「会わないと約束したじゃないか!長く話すことはない、どうするかだけ答えなさい!」と叫びます。

「あの人がが好きなの」と告げたジンガンに対しジングクは「なんでそんな言葉が出るんだよ!お前正気か?!オムチョロンみたいな優しいやつを置いてあんな奴好きだなんて言葉誰が理解するんだ!俺がここまで頼んでも言うことを聞かないのか?!」と憤ります。

ジンガンは「彼を好きなのがそんなに悪いこと?!私の思春期がどうだったか知ってる?!お兄ちゃんにすまないと思って息もできなかった。お兄ちゃんのおかげで大きくなったのを充分知ってる。一生感謝してもしきれない。私がお兄ちゃんの一生のお荷物なのも知ってる。だからもう恩着せがましい態度はやめて!」と涙ながらに訴えます。

 

 

View this post on Instagram

 

HEARTRIDER_1023さん(@seo_ingukkie23)がシェアした投稿

この話を聞いたムヨンは警察署でジングクに会います。ジングクは「お前はどうしてゆうことを聞かないんだ?俺の妹に会うなと言ったはずだ」と言いますが、ムヨンは警察公務員試験の看板を見ながら、「俺、警察になってみようと思う。言ったじゃないか、幼い頃からの夢だったんだ。合格する自信がある。どうかな?」と答え、ジングクは「お前は殺人者だ。警官は人がなるものでお前のような殺人者がなるもんじゃない!スンアが誰のために亡くなって、ユリが誰のためにああなったのか!お前のような奴がジンガンの人生をダメにするのを黙って見てられない!俺の妹の前から立ち去れ」と叫びます。

Advertisement

この言葉に傷ついたムヨンは「ちょっと前まで俺の好きな女のお兄さんだと錯覚しておじさんによく見られたいと思ってた。おじさんはおじさん、ジンガンはジンガンなのに。おじさんが何をしても関係ない。俺はジンガンと付き合い続ける。だからおじさんはおじさんでどうぞご勝手に。」と言い、去ります。

 

 

View this post on Instagram

 

HEARTRIDER_1023さん(@seo_ingukkie23)がシェアした投稿


ジングクのことで落ち込んで「お兄ちゃんがあなたのことを好きだったら。。」と言うジンガンに対し「未成年でもないのに許可が必要なのか?複雑なのは苦手なんだ。君は君、あの人はあの人だろ。」「お前のお兄ちゃんにまでよく見せるつもりはない。断られるのには慣れてる」と冷たく言うムヨンに、「お兄ちゃんが私にとってどんな人なのかも全て知ってるのに。あなたには他人事なの?」とジンガンは言い、泣きながらムヨンの家を飛び出します。

 

 

View this post on Instagram

 

crystalさん(@soojung737)がシェアした投稿

ジンガンの言葉に見向きもしなかったムヨンでしたが、後にジンガンを追って家まで走って行きます。ジンガンは電話に出ず、ムヨンが家に戻るとそこにはムヨンを待っていたジンガンの姿がありました。

 

 

View this post on Instagram

 

HEARTRIDER_1023さん(@seo_ingukkie23)がシェアした投稿

ジンガンは「嘘に慣れた人がどこにいるの?断られるのが平気な人がどこにいるの?あなたがそんなだったら私の心が痛むじゃない。私はあなたの味方なのよ」と言い、ムヨンはそんなジンガンを「行ってしまったと思って、ビビった」と言って抱きしめます。

「どこまで行ったの?」「家」「走って?」「うん」「次に私が行こうとしたら、もう離さないでね。」2人は熱い抱擁を交わし、和解します。

 

View this post on Instagram

 

tabasa_urusanさん(@tabasa1023)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

Korean Dramaさん(@kdrama_updates_)がシェアした投稿

ジンガンはムヨンと買い物に出かけ、あらゆる家財道具を買い込みます。そして見つけた可愛い人形の中に幼き頃の自分と兄の写真を入れ込み、”お兄ちゃんと仲良くなって”とムヨンにその人形をプレゼントします。ムヨンはその写真の中の病院を見て自分の過去を思い出します。

 

 

View this post on Instagram

 

HEARTRIDER_1023さん(@seo_ingukkie23)がシェアした投稿

精神科医ヤンギョンモはジングクを訪ね、ユリとムヨンの共犯の事実を聞き、「ムヨンは私が最初に会った子供です。私の本に出てくる特別な子です。ユリがそんな犯罪を犯したことも衝撃だが、ムヨンが関わっているなんて・・ムヨンがそのような人生を生きているとしたら私の責任でもある。私が選択を間違えたから。」と打ち明けます。

タクソチョンはジングクにジンガンを連れてきて育てた事実を話しましょうと提案しますがジングクは「初めからムヨンに会わなければよかった。あの子供に会った後だ。何かの因果のようだ。ユジンガンまで巻き込むかと思ったら狂いそうだ」と胸の内を打ち明けます。

そしてジングクはユリから言われた「ムヨンに一度ハマった女は絶対に抜け出すことができない」という言葉を何度も噛み締め、スーパーでジンガンのために買い出しをするムヨンを見て見ぬ振りをします。

 

 

View this post on Instagram

 

HEARTRIDER_1023さん(@seo_ingukkie23)がシェアした投稿

その頃何も知らないジンガンはムヨンの家で引っ越しパーティをして楽しみます。

ジンガンはプレゼントした人形に「お姉さんが家を作ったの。キムムヨンも人になるんだ?まだならないって言うの?お姉さんがもっと努力しないと」と語りかけます。そしてムヨンは幼きジンガンとジングクの兄妹写真を財布の中に保管していました。

 

View this post on Instagram

 

crystalさん(@soojung737)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

korea dramaさん(@k_drama811)がシェアした投稿

2人は一緒に食事をし、写真を撮ったりしながら幸せな時間を過ごします。ジングクはこの二人の姿を密かに窓の外から見つめていました。

 

View this post on Instagram

 

korea dramaさん(@k_drama811)がシェアした投稿

ムヨンはワインカッターを買いに外に出て、横断歩道でぼんやりしているジングクを見つけます。

横断歩道で二人はすれ違い、ムヨンはジングクに刃物で刺され、ムヨンはその場で倒れこみ11話は幕を閉じました。

 

 

View this post on Instagram

 

빛나래さん(@by_bitnalae)がシェアした投稿

11話は徐々に明らかになるジンガン、ムヨン、ジングクの3人の過去の関係と、また兄に反対され、苦しみながらもムヨンとの愛を深めていくジンガンの姿。そしてジンガンの愛で人間らしさを取り戻していくムヨンの姿が描かれました。

そして11話はムヨンをジングクが刺すとゆう衝撃的なラストでしたね!

もうしんどいってほんまにこのドラマ。笑 中毒性ありすぎてツライ。

ではでは11話感想レビューいきます!!

 

 

【ソイングク】主演韓国版「空から降る一億の星」11話 感想レビュー *ネタバレ


 出典:NEVER

11話のムヨンを見ながら、私ある方をずっと思い出していたんですよ。

 

 

View this post on Instagram

 

e_etsukoさん(@etsuko0508)がシェアした投稿

そう、この方。皆様ご無沙汰してます、ルイ殿です。

あ〜もう緊張感の後のこの人なんか癒される。ホッとしますね。笑

ルイもボクシルだけがこの世で信じられる唯一の人で、ボクシルに愛を教えられ、人の温かさを教えられ、ボクシルだけが世界の中心的な人だったじゃないですか。

キャラや表現の仕方は全く異なりますが、ムヨンもジンガンに対し、ルイ的要素を感じるんですよね。

 

View this post on Instagram

 

-ˋˏ DON’T THINK FEEL ˎˊ-さん(@kdramaflavor)がシェアした投稿


初めて愛を教えてくれた人への忠誠ってゆうか、この世界で信じるものはまっすぐに君だけ。みたいな。

むしろジンガンがいなければもうこの人生きていけんのかな?ってゆうくらいのある意味の依存とゆうか。

犬が初めて見た人を飼い主だと信頼するような、ジンガンはムヨンにとって絶対的な存在。

ルイが純粋で美しい心を持ってるのと同じように、ムヨンも本来は純粋で美しい心を持ってるんですよね。奥底に。

そのムヨンの美しさを唯一照らし、引き出してくれたのがジンガンなんですよね。

そんなジンガンに全てを委ね、預け、甘え、捨てられた子犬みたいになついている感。

 

 

View this post on Instagram

 

-ˋˏ DON’T THINK FEEL ˎˊ-さん(@kdramaflavor)がシェアした投稿

表情なんなんもう。すんごいやんもう。幸せかよって。

段々と穏やかな人間らしい表情に変わっていくソイングクの表情の表現ほんまなんなんですか?天才なん?

一瞬でも視聴者を我に返させる隙を与えず、もうムヨンでしかない。ムヨンの人生ほんまに歩んできたやろ?ってくらいの説得力。

必死でジンガンの為に”いい人”に変わろうと努力するムヨンに心臓確実にやられました。

そして言い争った後にムヨンが駆け出していくシーン。

 

 

View this post on Instagram

 

HEARTRIDER_1023さん(@seo_ingukkie23)がシェアした投稿


人の感情や人の悲しみに全く無関心だったムヨンが、自分の言葉や行動に後悔し、初めて人の悲しみに共感し始める繊細なソイングクの演技にもう拍手しかない。あっぱれやわ。

男性が女性を追って駆け出していくシーンてドラマでよくありますけども、こんなありがちなシーンでもこのドラマはなんか一味違うんですよね。心臓が掴まれるくらいのグッとくる感。

演出か音楽か、それとも俳優の演技力か。

まあもうこの全てでしょうね。全てが類を見ないんですよねこのドラマは。

 

 

View this post on Instagram

 

crystalさん(@soojung737)がシェアした投稿

ほんでピロートークの威力。

色気もすんごいけども、一夜を超えた気だるさとゆうか、一種の脱力感とゆうか一夜を超えたもの同士にしかない親密感とゆうか。

声とかさ。なんなん?もうほんとありがとうございます。

このリアルな雰囲気醸し出せるのは本当すごい。

”女性の人生は、お腹の中で母親に抱かれて、産まれてきて父親の腕に抱かれ、そして最後は愛する人の腕に抱かれる”ってゆう言葉をふと思い出しましたね。

幼き頃ジングクの手をぎゅっと握っていたジンガンは今心から愛する人の腕の中に抱かれているわけです。

そしてジンガン演じるチョンソミンちゃんもさすが演技派女優だな〜って感じですね。

お兄ちゃんにムヨンとのことを反対され怒鳴られて呼吸もできないくらいになってるとことかもう涙なしでは見られませんでした。

 

View this post on Instagram

 

HEARTRIDER_1023さん(@seo_ingukkie23)がシェアした投稿


あかん。このシーンはあかん。

いろんな思いが交錯しすぎて涙出てきます。

自分が心から愛した人を、他人であるにも関わらず自分を愛を持って育ててくれた大好きなお兄ちゃんに反対される気持ち、もう心が痛すぎてツライ。

ムヨンにとって愛を教えてくれたのがジンガンならば、ジンガンにとって初めて愛を教えてくれたのは兄のジングクなんですよね。

だからジンガンはこんなにもまっすぐに優しい人間になったわけです。

お兄ちゃんの気持ち、本当痛いほどわかるんですよ。痛いほどわかるけども。。刺したらあかんて。

 

View this post on Instagram

 

HEARTRIDER_1023さん(@seo_ingukkie23)がシェアした投稿

もうワインカッターええって!!買いに行かんでも!!自力で開けようぜ!!

買いに行くって言い出した時からもう嫌な予感しかしてなかったですもん。

日本版全部見たんですけど、このシーンはかなり印象的やったんですよね。

でもやっぱりこのシーンはリメイクするにあたって外せないシーンではありますよね。

これからの展開が全く読めないですが、韓国版のストーリーのカギを握っているのはおそらくあの精神科医でしょうね。

無理矢理ハッピーエンドにしろとは言いませんが、あまりにも2人の愛が尊いのでどうしても幸せな結末を願ってやみませんね。

 

 

View this post on Instagram

 

crystalさん(@soojung737)がシェアした投稿

もう11話は名シーンしかないので、感想レビューも書きたいことがありすぎて頭抱えてます。笑

このドラマ息つく暇、いつなんすか?笑

中だるみとか、ちょっと離脱とかさ、全然なさすぎてもう画面に釘付けやん。どうしてくれるこの中毒症状。

そしていつまでも余韻から抜け出せへんやないかいって!!!

このドラマ放送前、ソイングク出演のバラエティ見てて死ぬほど爆笑してマジはらいたいってなってたんです。ほんでドラマ始まったら見事に泣かしてくるでしょ。

私もう完全情緒不安定な人ですよ。旦那も、あんた一体どないしたん?ですよ。笑

落ち着かせておくれ、一旦。感情を。しんどいわ。笑

とりあえずは今日の12話放送を正座して静かに待つことにします。

>>韓国版「空から降る一億の星」12話あらすじ感想レビューの記事へ

 

【ソ・イングク】過去出演韓国ドラマを無料視聴で一気見する♡↓↓

見放題作品 80,000 本を 31 日間無料で視聴が可能!!

今ソイングク出演ドラマ特集中ですよ♡


まとめ

私の語彙力が乏しいのか、もう「空から降る一億の星」は名作って以外の言葉が見つかりません。

このドラマのソイングクの演技に文句ある人いたら、マジで?どんなとこが?どこどこ?って真剣に身を乗り出して聞きたいです。笑 真顔で。 ←うざすぎ。

この11話のあらすじミンチョコのコンサート映像エンドレスで見ながら徹夜で書いてたんですけど、ナチュラルハイすぎてもう全然眠くないです。笑

今日の「空から降る一億の星」12話終わり次第、またレビューあげます♡

ではではまた💓

nana💓

 

【ソイングク】韓国版「空から降る一億の星」感想レビューカテゴリの最新記事